塗替え時期とポイント

うちはまだ新築なんだけど、塗替えって必要なの?いつ塗り替えればいいの?

外壁の塗り替えは塗装後5年〜10年をだいたいの目安で行うのが理想とされております。
ただし、塗料の耐久性や周囲の環境、下地の違い、小まめな修繕によって異なってきますので、 日ごろの事前調査によって目安をつけることが重要です。
ただし、老朽化が進むほど費用が掛かり、また塗り替えでは補修出来ない状況にもなってしまうので 早めの手入れがポイントになります。

塗替えの目安
屋根 … 5〜8年 壁 … 5〜10年 鉄部・木部 … 3〜5年
屋根の絵 壁の絵 鉄部・木部の絵

要注意チェック!こんな症状が出始めたら・・・

住まいのチェック項目表

雨漏りや、壁にシミがないか?

クロスにシミやカビが発生し、アレルギーを引き起こす
原因につながります。
柱が腐り一番大切な骨組みの部分がもろくなります。

外壁にひび割れがおきている?

ひび割れから水分が壁の内部に浸入します。
水分は中の構造を腐らせたり、シロアリの原因になります。

外壁の表面が粉を吹いているか?

塗膜が劣化して防水力がなくなっています。
いつでも水分が浸入できる状態です。

屋根の塗膜が退色又は割れていないか?

紫外線・雨・太陽熱などにより塗膜が剥がれ落ち
セメント分が失われ強度がなくなってきます。
放っておくと、雨水が浸透しやすくなります。

鉄骨にサビが出ていないか?

錆びている部分から水分が金属を腐食させ、もろくさせます。
サビは進行が早いので早めに対処が必要。


要注意チェック!こんな症状が出始めたら・・・

保護力のアップ

建物は塗装による塗膜で建材を守っていますが塗膜にも寿命があります。
保護力が落ちるとヒビ割れ、汚れ、カビの発生などの症状が表われます。
このような劣化を可能な限り防止し、寿命を塗り替えによって長く維持します。

イメージのアップ

塗膜も年数が経つと色落ちし、見た目のイメージが悪くなります。
豊富な色、光沢などは塗り替えることによって新築時の再現が図れます。

機能のアップ

現在は多くの機能を持った塗料が開発され、低汚染、抗菌、有害物質の低減など
住まいをさらに長持ちさせる施工が可能になっています。

一般住宅、ビル、マンションなどの塗装、塗替えに関するお問合せはこちらからどうぞ!

お問合せ

このサイトは、FLASH plugin が必要です。こちらからダウンロードして下さい。
This Site requires the flash plugin. pleasedownload it from here .